(2017.10.13) 2017年度SSH/SGH-A報告会・生徒研究発表会開催のご案内を掲載しました New!!
(2017.10.02) 平成29年度 入試説明会の案内を掲載しました
(2017.08.28) 平成30年度入試要項(一般中学生対象)を掲載しました
(2017.06.16) 学校紹介ページに2018年学校紹介パンフレットを掲載しました
(2017.04.07) 2017年度大学入試合格状況を掲載しました
(2017.01.17) 2016年度 高等学校教育実践研究集会のご案内を掲載しました

入試情報

学校紹介ページ

入試要項New!!

願書請求についてNew!!

学校説明会・
入試説明会


オープンスクール

入試結果


在校生・
保護者様へ

連絡掲示板

日英SW掲示板

「医療機関の受診証明書」について(ダウンロードもできます)

非常の場合における臨時休校等の処置及び暴風警報発令の際の授業について



リンク



京都教育大学 附属高等学校 同窓会

化学グランプリ2017 近畿支部支部長賞受賞(2017.09.28)New!!
平成29年7月17日に実施された「化学グランプリ2017」の一次予選に,本校から3名の生徒が受験しました。そのうちの1人3年生の田上大喜くんが,見事成績優秀者として「近畿支部支部長賞」を受賞しました。
化学グランプリは,日本全国の高校生以下の化学の実力を競い合う場として1999年より毎年開催されているものです。一次選考受験者の中から全国上位80名に入ると,二次選考に進み,その上位者が来年度の国際科学オリンピックの選手に選考されることになります。
田上くんは,上位80名には選ばれなかったものの,全国で約4000名が受験したうち,上位10%以内の得点をあげ,このたび近畿支部支部長賞を受賞することができました。
2学期始業式(2017.08.28)

8月28日、2学期の始業式が行われ、その中で以下の表彰が行われました。

合唱部(写真上)
「平成29年度 京都府合唱コンクール中学校・高等学校の部」で銀賞を受賞。

模擬裁判チーム(写真中)
「第11回 高校生 模擬裁判選手権 関西大会」準優勝。メンバーの1年3組 小仲 美齢さんは,「審査員特別賞(MVP)」を受賞しました。

バドミントン部(写真下)
2年4組の喜納幹くん「近畿高等学校 バドミントン選手権大会 京都府予選会 男子シングルスの部」において,9位決定戦に勝利し,11月に兵庫県姫路市で開催される「近畿大会本選」に出場する権利を獲得。

それぞれ校長先生から賞状、トロフィー、盾の授与が行われました。

日英SW2017を開催しました(2017.08.28)
Japan-UK Young Scientist Workshop in Kyoto 2017 (日英SW2017)は,7月31日(月)〜8月4日(金)の期間で,京都大学および京都教育大学を会場として開催されました。本校生徒8名を含む日本人生徒11校26名,英国人生徒6校24名の計50名が参加しました。
物質科学、高分子化学・材料化学、生態学、古生物学・古環境学などの分野から8つの研究テーマを設定され,テーマごとに専門の研修講師の先生および大学院生のTAのご指導のもと,日英の生徒混合のグループにより,実習,実験,討論を行い,最終日にその成果発表を行いました。また,宿舎(KKR京都くに荘)においても,日英の高校生が寝食を共にしながら,毎日の研修成果について振り返りを話し合ったり,宿舎で行う各種の文化交流プログラムをしたりする経験を通して,友好を深めることができました。
日英教員同士も,同じ宿舎で寝食を共にし,また教員交流会(8月1日)を設け,双方の国での中等教育の現状や問題点について意見交換を行うなど,充実した時間を過ごしました。
最終日(8月4日(金))の公開発表会では,100名あまりの参観者の前で,英国の生徒はもちろん日本の生徒も堂々と英語でプレゼンテーションおよび質疑応答を行い,指導にあたられた研修講師の先生方から極めて高い評価を得ることが出来ました。この経験は,必ず参加生徒たちの将来に良い影響を与えてくれることでしょう。
1学期終業式(2017.07.26)




7月20日、1学期の終業式が行われました。
その中で以下の表彰が行われました。

3年生小谷柊太くん
 第70回京都府高等学校 陸上競技 対校選手権大会 男子 八種競技 第3位。これにより、第70回 近畿高等学校陸上競技対校選手権大会に出場しました。(写真左上)

3年生岡山 和樹くん
 日本地理学会 2017年春季学術大会「高校生ポスターセッション理事長賞」受賞(写真右上)

3年生 山口 泰和くん 
 第85回 京都府高等学校 選手権 水泳競技大会
兼 第71回 近畿高等学校 選手権 水泳競技大会 京都府予選会男子100m自由形 8位 この結果、近畿高等学校 選手権 水泳競技大会への出場が決定しています。(写真左中)

2年生 明比 典晃くん
 第30回 全国高校 将棋 竜王戦 京都大会 新人戦B級 第三位(写真右中)

ソフトテニス部(団体)
 第70回京都府高等学校 総合体育大会
京都府高等学校ソフトテニス選手権大会南部予選 第四位
(写真下)

それぞれ校長先生から賞状、トロフィー、盾の授与が行われました。
卒業生が世界の舞台で活躍!陸上アジア大会で銅メダル!(2017.07.18)

本校卒業生の佐藤奈々さん(41期生・スターツ所属)が平成29年7月6日〜9日にインド・ブバネシュワールで開催された「第22回アジア陸上競技選手権大会」に女子3000m障害の日本代表として出場し、見事、銅メダルに輝きました。
記録はこちら


写真上:表彰式での佐藤さん(右端)
写真下:競技中の佐藤さん(先頭から5番目)
「Japan -UK Young Scientist Workshop 2017 in Kyoto」を開催いたします。(2017.06.28)

クリックで詳細表示
「Japan -UK Young Scientist Workshop 2017」を開催いたします。期間中は京都大学・京都教育大学において,日英の高校生が科学テーマ別に共同研究を行い,最終日の公開発表会にてその成果を主に英語で発表します。公開発表会は一般も自由にご参加いただけます。
○開催日 :7月31日(月) 〜8月4日(金)
       ◆開講式 :7月31日(月) 10:00
       ◆公開発表会 ・閉講式:8月4日(金) 13:00
       @京都大学国際科学イノベーション棟ホール
○会場 :京都大学 ・京都教育大学
○主催 :京都教育大学
○主管 :京都教育大学附属高等校
○共催 :京都大学ELCAS
○後援 :科学技術振興機構(JST)/京都大学/京都府教育委員会/京都市教育委員会
※お問い合わせ:京都教育大学附属高等学校 研究部 075−641−9195
スポーツデーを開催しました(2017.06.14)

6月13日(火)にスポーツデーが開催されました。
さわやかな気候の中、サッカー(男子)、バレーボール(男女)、ドッジボール(女子)の競技に分かれてクラス対抗戦が行われました。
以下は各種目の結果です。

サッカー  優勝:2-2 準優勝:2-5 3位:2-3
男子バレー  優勝:3-1 準優勝:2-2 3位:3-5
女子バレー  優勝:3-3 準優勝:2-4 3位:3-4
ドッジボール  優勝:3-2 準優勝:2-1 3位:2-2
陸上京都インターハイ男子八種競技第3位入賞(2017.06.07)
平成29年6月2日〜4日に西京極陸上競技場で第70回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(京都インターハイ)が開催されました。
本校から15種目にエントリーし,3年生の小谷柊太くんが男子八種競技で自己記録更新の5008点をあげ,第3位に入賞しました。
この結果,6月15日〜18日に地元京都の西京極陸上競技場で開催される近畿インターハイに出場できることとなりました。
この大会で3位までに入賞すれば,7月29日〜8月2日に山形県天童市で開催される全国インターハイへの出場権が得られます。応援よろしくお願いいたします。
その他の主な結果は以下の通りです。
男子
110mH 石丸友豊 準決勝進出
4×400mR 工藤大和-尾関武尊-石丸友豊-高橋 摂 準決勝進出
入学式(2017.04.11)
4月10日(月)新学期が始まりました。
午前中は新2・3年が登校し、離着任式と始業式が行われました。午後より京都教育大学の大学講堂にて入学式が行われました。入学式では京都教育大学学長 細川友秀様、京都教育大学附属高等学校副学長兼附属学校部長 谷口淳一様、事務局長 江崎俊光様、研究協力・附属学校支援課附属学校支援担当課長 野口朋子様、京都教育大学附属高等学校育友会代表 村田光宏様、 来賓として以上の方々のご臨席賜りました。これから始まる学校生活に期待で一杯の新入生たちの笑顔が印象的でした。
国際同盟、大阪で高校交流(2017.03.24)
3月22日、さまざまな国際交流の実践をされている大阪府立松原高校さんと清教学園高校さんを訪問して友好を深めました。

午前中訪問した松原高校ではタイのスタディツアーに参加した生徒さんが迎えて下さり、さまざまな松原高校名物のゲームで盛り上がり、お互いの学びを披露しあい、一緒にお昼ご飯を食べて仲を深めました。

午後は河内長野市にある、本校と同じSGHアソシエイト校の清教学園を伺いました。こちらでも互いの自己紹介やゲームですぐに打ち解け、お互いの学びを発表しあい、意見交流を行いました。

京都にはない、全く学校文化の異なる高校生のみなさんと交流することを通じて、自分たちを相対化し、違う世界に接して、生徒たちは大きな刺激を受けました。

松原高校、清教学園の皆さんは両校とも、私たちの姿が見えなくなるまで、手を振って見送って下さり、南大阪の温かさに触れた1日でもありました。

松原高校、清教学園の皆さん、本当にありがとうございました。これをご縁に今後とも宜しくお付き合い下さい。

この日の活動を以て第二期国際同盟の取組は終了しました。また新年度は第三期国際同盟の活動を行っていきます。
3学期終業式(2017.03.21)

3月17日、3学期の終業式が行われました。
その中で以下の表彰が行われました。

・模擬裁判甲子園東西対抗戦優勝(写真上)
日本弁護士連合会主催「第10回高校生模擬裁判選手権関西大会」にて、2年連続8回目の優勝を果たした本校模擬裁判チームは11月に行われた模擬裁判甲子園東西対抗戦において、弁護チーム、検察チーム、ともに関東代表校に勝利し、完全優勝を果たしました。

・学校賞(写真下)
学校賞は、特別活動において、その向上に努めた個人や団体を表彰する賞です。
平成28年度は、放送部に贈られました。
国際同盟による講演会企画(2017.03.21)
3月17日、第二期国際同盟が企画して講演会が開催しました。昨年は難民がテーマでしたが、今年のテーマは観光でした。

コンテンツツーリズムをテーマに研究をされている京都文教大学総合社会学部准教授の片山明久先生をお招きしました。

片山先生は旅行会社勤務の経験がおありで、当日は外国人と日本の観光、アニメの聖地巡礼などを中心にお話いただきました。

高校では観光について取り上げて学ぶ機会はなく、片山先生のお話は新しい発見の連続でした。講演後も活発な質疑応答が行われました。片山先生、ありがとうございました。
卒業式(2017.03.03)
3月1日、京都教育大学大講堂にて第50回卒業式が挙行されました。
当日は本学京都教育大学より 学長 細川友秀様、
同じく 副学長兼附属学校部長 谷口淳一様、
同じく 研究協力・附属学校支援課 附属学校支援担当課長 小崎正行様、本校前校長 山下宏文様、本校前副校長 斉藤正治様、本校育友会より 会長 中西努様、
同じく 広報担当総務 山口朋子様、会計担当総務 東野央子様、体育担当総務 瀬津明美様、本校同窓会会長 布施大策様、以上の方々のご臨席を賜りました。
穏やかな早春の日、50期生は晴れやかな表情で巣立っていきました。
4度目!古典探究と日本史合同FW(2017.02.27)

2月24日、今年度4回目の国語科と地歴科による合同フィールドワークを行いました。

今回は森鴎外の『高瀬舟』ゆかりの高瀬川を七条辺りから上がり、途中女人守護で有名な市ひめ神社、源氏物語の主人公である光源氏のモデルとされる源融屋敷跡にあったという榎の大木を巡りました。

その後は京都御所に行き、閑院宮邸跡や本校の卒業生で国語科教員をされていた高屋先生が宮司を務められる宗像神社を訪れ、説明を頂きました。

さらに蛤御門を見て、大鏡ゆかりの菅原道真の産湯が今も残る菅原院天満宮へ行き、来年の受験合格を各自祈りました。

写真は市ひめ神社と蛤御門での一枚です。
国際同盟の活動「大阪の沖縄でフィールドワーク」(2017.02.22)
2月20日、沖縄にルーツを持つ方々が多く暮らされている大阪市大正区をフィールドワークでめぐりました。

地下鉄工事の土砂で出来た昭和山、今も残る無料渡船、沖縄物産が買える平尾商店街、沖縄料理店等を巡り、関西沖縄文庫で、主宰の金城馨さんから三時間をこえていろいろとお話を聴き、議論しました。

新たな視座を得たフィールドワークになりました。金城さん、ありがとうございました。
ジャーナリストと新聞記者を招きメディアリテラシーを問う授業(2017.02.06)

学期2年現代文授業で1月31日に「イラクの子どもを救う会」代表でジャーナリストとして活躍されている西谷文和さんをお招きし、戦争とメディアの関係を通じて、メディアリテラシーを考える授業を行いました。写真は授業後、西谷さんを囲んで熱心に質問する生徒たちです。それを受けて2月1・2日には京都新聞写真部部長の塚本宏氏を招いて、新聞をつくる側の立場からメディア・リテラシーを問う授業を行いました。その模様は2017年2月3日の京都新聞に掲載されています。お二人の授業を通じて、生徒たちはメディアとは何かについて考えを深めました。
第2期国際同盟の活動(2017.01.19)

2015年から始まった、国際関係や外交などに興味を持つ有志の集まりである「国際同盟」の活動が本格化しています。昨秋より2期のメンバーが活動を始めています。

1月6日には本校の卒業生でいらっしゃる衆議員議員・前原誠司氏の事務所に伺いました。前原氏は外務大臣や国土交通大臣のご経験をもとに日米外交・移民・観光などに関する質問に丁寧に応じて下さいました。

貴重な学びの場となりました。
卒業生が本校を訪問された様子がテレビ放映されます!(2016.12.22)
芸能界におられる卒業生、山村紅葉(12期生)さんとバッファロー吾郎・竹若元博(22期生)さんが、母校を訪問された様子が放映されます。お二人が思い出話をしながら最寄り駅から校内を巡られる様子が放映されます。番組名と放送日時は以下のとおりです。

【番組名】
「ブラリ!青春 〜バック・トゥ・ザ・母校〜」

【放送日時】
2017年1月3日(火)夜11:20〜深夜0:20
(ABCテレビ 6チャンネル)
バドミントン部男子が大健闘(2016.11.16)
バドミントン部1年生の喜納幹くんが,8月17日〜18日に開催された近畿高校選手権府予選の男子シングルの部で12位の成績をおさめ,11月11日〜13日に大阪府立門真スポーツセンター(らくたぶドーム)で開催される第63回近畿高等学校バドミントン選手権大会に出場権を獲得しました。(左写真:大会前に撮影)

また,10月30 日に開催された新人大会(学校対抗)男子の部ブロック予選では,1・2年生のバドミントン部員の健闘により,2位で予選通過して同府下大会の出場権を獲得し,11月5日に福知山市民体育館で開催された同府下大会でベスト16位の成績をおさめました。

今後もみなさんの応援をよろしくお願いいたします。
3年人権学習(2016.11.14)
11月8日(火)本校多目的ホールにて、ジャーナリストでNPO法人「イラクの子どもを救う会」代表の西谷文和氏をお迎えして講演を実施しました。「世界の紛争から人権を考える」というテーマで行い、西谷氏が戦場の現地で取材された映像を中心にお話を伺い、人権についての考えを深めました。
質疑応答のコーナーでも活発に質問が出され、お話が各自の心の琴線に触れる内容であったことを伺わせました。
講演終了後の懇話会においても10名以上の生徒が残り、さらに質問を行い、有意義な学びの時間となりました。
模擬裁判甲子園・東西対抗戦勝利!(2016.11.14)
11月3日(木・祝)に東京(飯田橋)にある株式会社TKC模擬法廷で第4回B級法教育フェスタ(龍谷大学社会科学研究所主催)の取り組みとして実施された模擬裁判甲子園東西対抗戦において、京都教育大学附属高校模擬裁判チーム(10期)は、午前に弁護チームが湘南白百合学園(関東大会優勝校)検察チーム、午後に検察チームが山梨学院(関東大会準優勝校)弁護チームと戦い、それぞれ勝利し完全優勝を成し遂げました。

8年ぶりの東西対抗の実施ということで社会人になった東京在住の模擬裁判OBOGが多く駆けつけ、後輩とともに喜びを分かち合いました。

引き続きご支援頂いた伊東隆一弁護士、龍谷大学やTKCの皆様、対戦した両チームの関係者をはじめ、多くの方々に感謝申し上げます。有難うございました。
美術部の活躍(2016.10.18)
本校美術部が依頼を受け、春から描いてきた藤森神社境内にある消防分団建物のシャッターの大きな絵(2mx3m)が先日完成しました。
美術部部員たちは、寒い日も、暑い日も、雨の日も、蚊にも負けず神社に通い、こつこつと野外で描いて完成させました。
藤森神社について調べたり、地域の人に声をかけていただきお話ししたり、地元について知る機会にもなりました。
機会があれば是非御覧ください。場所は藤森神社南側鳥居をくぐってすぐ左の建物です。
当日は京都新聞の取材を受け、10月18日の朝刊に掲載されました。(その記事はこちら
化学グランプリ2016 近畿支部支部長賞受賞(2016.09.29)
平成28年7月18日に実施された「化学グランプリ2016」の一次予選に,本校から3名の生徒が受験しました。そのうちの1人2年生の前田將宏くんが,見事成績優秀者として「近畿支部支部長賞」を受賞しました。

化学グランプリは,日本全国の高校生以下の化学の実力を競い合う場として1999年より毎年開催されているものです。一次選考受験者の中から全国上位80名に入ると,二次選考に進み,その上位者が来年度の国際科学オリンピックの選手に選考されることになります。

前田くんは,上位80名には選ばれなかったものの,全国で約4000名が受験したうち,上位10%以内の得点をあげ,このたび近畿支部支部長賞を受賞することができました。
2学期始業式クラブ表彰(2016.08.30)
模擬裁判チーム

日本弁護士連合会主催「第10回高校生模擬裁判選手権関西大会」にて、2年連続8回目の優勝を果たしました。
その中で、2年2組 青木まり子さんは、「審査員特別賞(MVP)」受賞しました。
この結果を受けて、11月3日に、東京にて関東大会の代表チームと対抗戦を行う予定です。
京都大学ELCAS(エルキャス)専修コース最終発表会で優秀発表賞

3年1組山田夕月さん
京都大学ELCAS(エルキャス)専修コースの最終発表会で、優秀発表賞を受賞しました。
ELCASとは、京都大学が主催する高校生を対象とした事業で、山田さんは、全国から選抜された約150名の基盤コースを修了し、その後さらに選抜された専修コースによる最終成果発表会で、4名に贈られる優秀発表賞を受賞しました。
陸上競技部 全国選抜陸上結果報告(2016.08.29)
平成28年8月27日に大阪市のヤンマーフィールド長居において,第4回全国高等学校陸上競技選抜大会が開催され,3年生の加芝有和さんが女子2000m障害に出場しました。800mと1500mを専門とする加芝さんでしたが,本大会に向けて夏休み中,76.2cmのハードルをこえる練習を積み重ね本番に挑みました。

全国から標準記録を突破した40名がエントリーし,3組に分かれて予選が繰り広げられました。各組3着以内と4着以下の記録のよい順に6名が決勝に進出できる条件で予選が行われ,加芝さんは第3組に出場しました。

前半は先頭から4から6番手というよい位置取りでのレース展開となりましたが,後半に入ったあたりからやや疲れが見え始め,8着でのゴールとなりました。残念ながら決勝進出とは至りませんでしたが,初めての全国大会にもかかわらず,堂々と戦うことができました。

大阪開催ということもあり,陸上部員一同,応援にかけつけ,約20名の部員が400mのトラック周囲全体に散らばり,応援する声が常に加芝さんに聞こえるなど,走っている選手にとって力になったことだと思います。

陸上競技部にとって,久しぶりに全国大会出場を果たすことができました。これが継続できるよう,日々トレーニングを積んでいきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いいたします。

NHK「ガッテン!」の放送日が決まりました(2016.08.25)
7月に取材を受けたテレビ番組の放送日が平成28年8月31日(水)19:30からに決まりました。
取材を受けたのは,NHKのテレビ番組「ガッテン!」で,本校2年生,田上大喜くんの「蚊の複数回交尾の研究」が紹介されます。放送タイトルは『人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦!(仮)』です。
取材時には,多くの生徒の協力を得て撮影が行われました。みなさん,ぜひ楽しみにご覧下さい。
なお,番組について,こちらのページで紹介されています。

祝 高校生模擬裁判選手権、連覇!(2016.08.09)
7月30日(土)に大阪弁護士会館および大阪地方裁判所で開催された第10回高校生模擬裁判選手権(日本弁護士連合会主催)において、本校チームはみごと2年連続優勝を果たしました(通算8回目の優勝)。

午前は本校検察チームが同じ京都の嵯峨野高校弁護チーム(ここ4年間に3回目の対戦)、午後は本校弁護チームが同志社香里検察チーム(2年連続の対戦)と戦いました。
10期チームがテーマとしていた「協同」にふさわしい立証・弁護活動を展開し、聴く人の胸を打つ論告・弁論となりました。

講評では本校のほとんどの選手が個別に取り上げられ、賞賛のことばを頂きました。
また裁判員裁判を意識した、傍聴席にもわかりやすいプレゼンテーション活動もほめて頂きました。検察チームで被告人質問を担当した青木まり子さんは審査員特別賞(MVP)を受賞しました。

活動を支えてくださった支援弁護士のかたがたをはじめ、お世話になった多くのみなさまに感謝申し上げます。有難うございました。
陸上競技部3年生女子 全国選抜大会出場決定(2016.07.28)
陸上競技部3年生の加芝有和さんが,このたび8月27日(土)〜28日(日)に,大阪・ヤンマーフィールド長居で開催される,第4回全国高等学校陸上競技選抜大会に女子2000m障害での出場権を獲得することができました。

加芝さんは,7月23日に実施された京都産業大学長距離競技会の女子1500mに出場し,自己記録を大幅に更新する4分35秒72で走り,全国選抜大会参加標準記録を突破することができました。

インターハイでは開催されない2000m障害という珍しい競技であり,慣れない障害(ハードル)に苦労していますが,当日に向けて練習を重ねている毎日です。
みなさんの応援をよろしくお願いいたします。
臨海実習の報告(2016.07.28)
1日目,実習は順調です。
今年は,ウニの状態が大変よく全生徒が教科書に出ているようなものを自分の手と目で見ています。
2日目。
磯観察、飼育実験棟見学、解剖(調理)実習を行いました。
写真は三枚おろしの指導を受けているところです。
クラブ表彰(2016.07.28)
7月20日の終業式で、1学期の間に顕著な成績を残したクラブ・個人の表彰が行われました。

3年生の今井智仁くんが第69回京都府高等学校総合体育大会の男子自由単独演武の部において優勝し、岡山で行われる全国高等学校総合体育大会への出場が決定しました。

また、同じく3年生の加芝有和さんが京都府高等学校陸上競技選手権大会の女子800mで第3位、京都府高等学校春期陸上競技大会で同種目第3位、京都府高等学校総合体育大会において女子1500m第2位の結果を収めました。これにより近畿大会に出場しました。

また地理クラブの宮川経実君、小田島瑛司君が春期学術大会高校生ポスターセッション日本地理学会理事長賞を受賞しました。

それぞれ校長先生から賞状、トロフィー、盾の授与が行われました。
NHK「ガッテン!」の取材を受けました(2016.07.28)
7月13日、2年生の田上大喜君が、TV番組「NHK ガッテン!」の取材を受けました。当日はNHKの取材スタッフの方々と本校の地学教室で実験を行いました。
放送日が決まり次第この場でも告知させていただきます。内容は「蚊の対策」(予定)です。
日英SW 2016 報告(2016.07.15)
2016年7月14日から24日まで、英国にて日英SWを行っています。
その様子などは、日英SW掲示板のページで確認できます。

スーパーカミオカンデ講演会を行いました(2016.06.22)
6月14日(火)、スーパーサイエンスネットワーク(SSN)アクティビティ「スーパーカミオカンデ講演会」を行いました。

講演者に京都大学物理学第2分野 高エネルギー研究室 助教 南野 彰宏 先生をおむかえして、ニュートリノという素粒子を観測する巨大な装置であるスーパーカミオカンデについてお話を伺いました。

小さな素粒子から大宇宙まで、宇宙の始まりから未来まで、ご講演の内容は多岐にわたり大変興味深い内容のものでした。

なお、当日は、SSN校の京都聖母学院高等学校、東山高等学校からも多数の御参加をいただきました。
ありがとうございました。
附属中学生対象のプレオープンスクールを開催しました(2016.06.22)
6月11日(土)、附属中学生対象のプレオープンスクールが行われました。

合唱部によるオープニングから始まり、生徒代表の挨拶、学校紹介、クラブ紹介、SSC活動発表(ハワイ島研修)と全てオープンスクール委員の生徒による進行で行われました。

校内各所を委員の生徒の引率によるツアーで回り、実際のクラブ活動の様子なども見学して頂きました。

10月1日(土)のオープンスクールではさらに盛りだくさんで充実した内容のものとするため、オープンスクール委員のメンバーは頑張っています。
学校説明会を開催しました(2016.06.22)
6月11日(土)、学校説明会が行われました。

全体会では本校の教育方針や特徴、教育課程、進路指導、入試について説明があり、また生徒によるSSC活動(筑波サイエンスワークショップ)の発表も行われました。

全体会のあとは個別相談と校内自由見学があり、大変多くの方に個別相談にご参加いただきました。

今後本校では
10月1日(土)に第1回入試説明会とオープンスクールを、
11月5日(土)に第2回入試説明会を行います。
多数の御参加お待ち致します。
陸上京都インターハイ女子800m第3位入賞(2016.06.08)
平成28年6月3日〜5日に西京極陸上競技場で第69回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(京都インターハイ)が開催されました。

本校から15種目にエントリーし,3年生の加芝有和さんが女子800mで2'14"86と自己記録を更新し,第3位に入賞しました。
この結果,6月16日〜19日に神戸ユニバー記念陸上競技場で開催される近畿インターハイに出場できることとなりました。

この大会で6位までに入賞すれば,7月29日〜8月2日に岡山県で開催される全国インターハイへの出場権が得られます。応援よろしくお願いいたします。

その他の主な結果は以下の通りです。

○男子
  400mH 石原佑一 準決勝進出
  4×400mR 小谷柊太-吉岡陽帆-平田健太郎-井戸瑛介
  準決勝進出

○女子
  1500m 加芝有和 決勝進出
  100mH 嶋津 萌 準決勝進出
  400mH 島 彩夏,嶋津 萌 準決勝進出
  4×100mR 島 彩夏-緑谷 泉-嶋津 萌-松下 萌 準決勝進出
高校総体陸上で入賞 女子1500m,男子ヤリ投,女子走高跳(2016.05.30)
平成28年5月21日〜22日に西京極陸上競技場で開催された第69回京都府高等学校総合体育大会陸上競技の部(市内ブロック)において,本校3年生の加芝有和さんが3年女子1500mで第2位に入賞しました。
記録もこれまでの自己記録を6秒近く上回る4'38"65の自己新記録での入賞となりました。
他にも2年男子ヤリ投では小谷柊太くんが第6位,3年女子走高跳では松下 萌さんが第8位に入賞しました。

 また,6月3日〜5日には,近畿,全国出場への切符をかけた京都インターハイが西京極陸上競技場で開催されます。
本校からは,のべ15種目に16名の選手が出場します。ますますの応援,よろしくお願いいたします。
スポーツデーを開催しました(2016.05.09)
5月2日(月)にスポーツデーが開催されました。
五月晴れの空の下、サッカー(男子)、バレーボール(男女)、ドッジボール(女子)の競技に分かれてクラス対抗戦が行われました。
以下は各種目の結果です。
サッカー  優勝:1-5 準優勝:2-1 3位:1-1
男子バレー  優勝:3-1 準優勝:3-2 3位:3-4
女子バレー  優勝:3-5 準優勝:1-4 3位:2-3
ドッジボール  優勝:1-5 準優勝:2-2 3位:3-3
美術部 アートフォーラム展見学(2016.05.09)
5月1日(日)本校美術部が京都教育大学アートフォーラム展の見学に行きました。

当日美術部は1年生と2年生合計7名で美術館やギャラリーをみてまわる鑑賞会を行ったのですが、京都市美術館でのモネ展、ルノアール展、国立京都近代美術館での「オーダーメイド:それぞれの展覧会」展を鑑賞した後、アートフォーラム展の会場である東山三条JARFOを訪れました。

京都教育大学美術科の80歳を超えるOBの方や現役の教員の方の作品を鑑賞したり、お話をお聞きすることができました。
台中女子高級中学校(高校) 来校(2016.05.09)
4月28日(金)台湾から台中女子高級中学校の生徒の皆さんと教職員の方々が本校を訪問されました。

多目的ホールでの歓迎会のあと、本校2年生のクラスで授業を受けたり、昼食を一緒に食べたりと、本校での学校生活を体験されました。

歓迎会は台中女子高級中学校の皆さんのダンスが披露されるなど和やかな雰囲気のなか行われました。

その後の2年2組とのコミュニケーション英語の授業では日本・台湾両生徒混合で12グループに分かれ、そこですべて英語で自己紹介と日本文化・台湾文化の紹介を行いました。お互いに説明と質問をし、最後に各グループ代表者が発表しました。初めはお互い遠慮がちでしたが、だんだん積極的に交流するようになり、英語が苦手な生徒も得意な生徒も自分の思いを何とか伝えようと一生懸命努力する様子が見られました。

昼休みは、2年1組の生徒と日台混合グループで昼食タイムです。はじめはぎこちなく会話していましたがすぐに打ち解け、楽しそうな様子が見られました。

午後の5,6限の授業は、引き続き2年1組の生徒といっしょに テクニカルサイエンス(エネルギー領域)の授業を受けました。 黄身が固くて白身が軟らかい「温泉卵」をつくろう、というテーマで お互いにアイデアを出し合い、実際に実験しながら試行錯誤していました。 実験に使える生卵は5個まで。5個目には成功させなければなりません。 温度や加熱時間を変えるなど、悪戦苦闘の2時間でしたが、お互いに コミュニケーションをとりながら楽しく実験をしていました。 7限は2年2組との古典探求の授業で、「英語落語」に取り組みました。教室は大爆笑、大変な盛り上がりのうちに授業が終了しました。

台中女子高級中学校の皆さんにとって、また本校の生徒にとっても、大変有意義な一日となったのではないかと思います。
1年生主体で第3回B級法教育フェスタへ参加(2016.05.09)
5月3日(祝)に龍谷大学社会科学研究所主催のB級法教育フェスタに1年生を主とした模擬裁判チームが参加。
上級生から伝授された「浦島太郎」の裁判員裁判を行いました。
つい最近まで中学生だったとは思えないほど堂々とした司会進行、演技ぶりで素晴らしい出来栄えでした。

また昨年NHKで放映されて好評を得た『昔話法廷』の制作者である今井秀智弁護士の授業に参加した生徒らが、新しい「昔話法廷」を考えるプレゼンテーションにて「鶴の恩返し」で第1位を獲得し、そのストーリーの面白さに今井氏はもとより会場の参加者から絶賛の声があがりました。

模擬選挙の投票に参加した生徒はマスコミ取材に応じていました。
カナダ国際数学コンテストで優秀賞(2016.04.27)
平成28年2月に実施されたカナダの国際数学コンテストCEMCにおいて,本校から受験した2年生の田上大喜くんの結果が判明し,成績上位25%以内に送られる「優秀賞」を受賞しました。

この試験は,カナダのWATERLOO大学が主催する国際的な数学コンテストで,日本国内で受験はできるものの,問題はすべて英語で出題されています。

田上くんは,このコンテストのうちFermatの部(高校生部門)で,150点満点のうち138点という高得点で,受験者総数15987名中66位というすばらしい成績でした。

詳しくはこちらのページをご覧下さい。
陸上春季大会で女子800m3位入賞(2016.04.27)
平成28年4月16日に京都市西京極陸上競技場で開催された第51回京都府高等学校春季陸上競技大会において,本校3年生の加芝有和さんが女子800mで第3位に入賞しました。
記録も2'17"10と自己記録を更新することができました。
この結果,6月3〜5日に開催される第69回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会(京都インターハイ)への出場権を勝ち取ることもできました。

陸上競技部は,現在多くの新入部員を迎えさらに活気にあふれ活動しています。
京都インターハイ出場,さらには近畿,全国出場を目標に日々練習に取り組んでいます。
今後もますますの応援よろしくお願いいたします。
生徒総会を行いました(2016.04.25)
本日生徒総会(生徒会立候補者立会演説)が行われました。
1年生にとっては初めての生徒総会で、移動に戸惑ったりもしていましたが、候補者の演説が始まるとしっかり注目し聞いていました。
地理クラブ、日本地理学会理事長賞を受賞(2016.04.25)
地理クラブの宮川経実君、小田島瑛司君が発表したポスターが、日本地理学会理事長賞を受賞しました。
日本全国から審査を通過した45件のポスターが集められ、その中から選ばれた会長賞2件、理事長賞3件のうちに入りました。
なかなかの力作で、会場でも好評でした。
「小学校校歌でさぐる地域の変容−京都市伏見区を事例として−」をテーマに高校生らしい良いポスターとの評価でした。2名は春休みも熱心に調査し、早稲田大学での学会発表では緊張しながらも一生懸命発表していました。
伏見マニアックツアー(2016.04.22)
(その1)
放課後の校外活動で、附属高校近くの文学史跡を巡りました。参加者は6名、皆新入生です。まずは附属高校の最寄り駅「墨染」の名前の由来となっている墨染寺(ぼくせんじ)へ。このお寺は別名「桜寺」とも言われ、『古今和歌集』にも「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染めに咲け」と詠まれています。墨染桜は「御衣黄(ぎょいこう)」という品種で、時期によっては花びらが緑色をしています。

(その2)(その3)
墨染寺のすぐ近くには、「伏見大仏」が鎮座まします欣浄寺(ごんじょうじ)があります。拝む場所よりも一段低い場所に安置されているため、大仏さまがとても近くに感じられます。ここには絶世の美女と言われた小野小町のもとに九十九夜通い、あと一夜というところで亡くなったという深草少将の屋敷があったと言われています。みな熱心に和尚さんに質問をしていました。






(その4)
境内には、小町ゆかりの「小町姿見の池」があります。橋の向こう側の「少将通い道」を歩くと、恋愛が成就しない、訴訟に負ける、などのジンクスがあるそうです。もとは墨染寺と一体だったそうで、「墨染井」もここにあります。
(その5)
ツアーの最後は撞木町。街並みが丁字形の棒の撞木(しゅもく)に似ていることが町名の由来。ここは江戸時代に遊郭があった場所で、井原西鶴の『好色一代男』などにも出てくる町です。学校近くを歩いただけでも多くの文学史跡があり、もっと伏見について調べてみたくなりました。
SSHオリエンテーションを開催しました(2016.04.21)
4月20日(水)、1年生を対象に「SSHオリエンテーション」が行われました。本校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の取組についての説明や、今年度計画されているSSC(スーパーサイエンスクラブ)についての紹介などが行われました。臨海実習、日英サイエンスワークショップ、スーパーカミオカンデ研修などの宿泊を伴う実習・研修の内容、上級生による「数学クラブ」についての発表など、1年生たちは配布された資料を見ながら、熱心に説明に聞き入っていました。
SSCとは様々な企画に生徒が自主的に参加する活動です。
放課後や休日等を利用して、大学や研究機関での研修、あるいは課題研究などの活動を行います。
今年度も20以上ののSSCが計画されており、自分の興味に合わせていくつでも参加することができます。
新入生歓迎会を行いました(2016.04.18)
4月15(金)午後に新入生歓迎会が行われました。
附属高校では、新入生歓迎会の企画立案から運営まで生徒会執行部が中心となって行います。
前半は中庭で新入生歓迎交流行事、後半は多目的ホールにてクラブ紹介が行われ、クラブ紹介では2,3年生がパフォーマンスを交えながら、各部で工夫を凝らした紹介をしました(附属高校には23のクラブ・同好会があります)。
前半の交流行事は学年縦割りで「大縄跳び」が行われました。今年は5組が優勝しました。

クラブ表彰(2016.04.14)
4月8日(金)
春休みの期間中,顕著な成績を残したクラブ・個人の表彰が行われました。
2年生の今井智仁くんが第19回全国高等学校少林寺拳法選抜大会の男子自由単独演武の部において第3位に,同じく2年生の木村花実結さんが第11回全国高校生かるたグランプリにおいて第3位に,放送部が第9回春の高校放送フェスティバルin Kyoto において放送作品コンテスト部門最優秀賞を受賞しました。
それぞれ校長先生から賞状、トロフィー、盾の授与が行われました。
入学式・始業式(2016.04.14)
4月8日(金)
新学期が始まりました。
午前中は新2・3年が登校し,始業式が行われました。
午後より京都教育大学の大学講堂にて入学式が行われました。
入学式では京都教育大学学長 細川友秀様,京都教育大学附属高等学校副学長兼附属学校部長 谷口淳一様,京都教育大学研究協力・附属学校支援課附属学校支援担当課長 小崎正行様,京都教育大学附属高等学校育友会代表 中西努様, 来賓として以上の方々のご臨席賜りました。
式後、記念写真を撮影してもらっている新入生たちの笑顔が印象的でした。
森鴎外『高瀬舟』で模擬裁判(2016.04.13)
3月4日1年生(1組)現代文で森?外の作品で有名な『高瀬舟』に基づいて、模擬裁判を行いました。

喜助役をはじめ、検察官役も弁護役も裁判官役も皆なりきって演じ、白熱した法廷となりました。

当日は長年裁判官として活躍され、現在は弁護士として活動されている森野俊彦氏にお越しいただき、訴訟指揮をとって頂きました。

写真は判決言い渡しと、裁判官・裁判員の評議の模様です。

当日は京都教育大学の大学生や大学教員、遠くは岐阜県からもお越しになった見学者もいました。
国際同盟の活動紹介(2016.04.13)
(その1)
本校には、国際協力や外交問題に興味ある生徒有志団体「国際同盟」という組織が昨年秋結成されました。自分たちでテーマを決め、高校生の視点から問題を捉え、解決策を考えています。今年は難民や日米関係をテーマに学習を進めました。第1期の活動を時系列的に紹介します。その道の一流の方々からお話を聴いて、学びを深めています。2015年11月9日には「NPO法人イラクの子どもを救う会」代表で国際ジャーナリストとして活躍され、マスコミにもたびたび登場されている西谷文和氏から紛争現地の映像を見ながら、戦争のありのままの姿を学び、その後西谷氏を囲んで質疑応答の時間を設けてさらに深めていきました。
(その2)
国際同盟のメンバーである難波ほのかさんが「一枚の集合写真」という題でJICA主催の「国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト 2014年度優秀作品」に選ばれ、12月26日大阪国際交流センターで開かれた「ワンワールドフェスタ」にJICAから招待され、受賞作品を披露しました。
(その3)
2015年12月28日、本校OBで元外務大臣を務められた衆議院議員・前原誠司氏の事務所をお訪ねして、日本外交の現場についてのお話を伺いました。年の暮れのご多忙の中、前原氏は後輩のために、予定時間をオーバーして、御自身の外務大臣の体験を交えながら、リアルな外交の最前線を語って下さいました。また1つ1つの質問にも丁寧にお答え頂き、皆感激でした。

(その4)
第1期の学びの集大成として、3月18日に国際同盟主催の講演会を開催しました。ゲストは日本国際飢餓対策機構常務理事の清家弘久氏です。「難民について考える〜命をつなぐパンを片手に〜」というタイトルです。外部からも参加者があり、難民と食糧事情の現状を知り、どうやって平和を構築していくか考える機会となりました。清家氏からは実際に日本企業の協力を得て、難民の方々にお配りしている缶詰をご提供いただき、試食も行いました。
(その5)
第1期有志で大阪大学国際公共政策研究科主催の第二回国際公共政策コンファレンスに応募したところ、書類審査を通過し、4月16日大阪大学豊中キャンパスで行われる大会に出場することになりました。 発表テーマは日米関係です。発表をより充実したものにするために、3月25日、たまたま所用で関西に来られていた日本外交史研究の第一人者である慶應義塾大学法学部名誉教授の池井優先生を訪ねました。大学ゼミの授業のように直接教えを乞うことができ、貴重な学びとなりました。池井先生、有難うございました。
(その6)
コンファレンスではプレゼンテーションも審査されます。
今日(4月6日)は京都弁護士会所属でプレゼンテーションのご著書も出されている、遠山大輔弁護士より直接、発表のご指導を頂きました。
これまで体験的にしか理解していなかったプレゼンを理論も交えて丁寧にご指導いただき、皆目から鱗でした。感謝です。
いろいろな方々にお世話になり、4月16日臨みます!
新入生の皆さん、興味ある人はぜひ国際同盟へ!
国語の授業で主権者教育(その3)(2016.02.24)
若者の投票率向上を目指す学生団体i-voteの学生さんらから2月8日から12日20時までに実施されたweb投票の結果が報告され、なんと本校は投票率が100%超え!
授業では「実際の結果、他校の結果、本校の結果」の比較分析を行いました。

またweb投票の長所短所、投票率あげるための方策、本校の投票行動の特徴分析などについても全員で議論を深めました。

このときの授業の模様は京都新聞に掲載されています。

【法教育フェスタ】 「浦島太郎」裁判(2016.02.15)
午後はオープンスクールや11月3日に龍谷大学で行って好評を博した「浦島太郎」の裁判員裁判を実施しました。

本校模擬裁判チームが昔話「浦島太郎」をもとにシナリオを作成し、玉手箱を渡した乙姫が傷害罪にあたるかどうかを討議する裁判員裁判です。
本校模擬裁判弁護士チームが乙姫を被告人にした裁判を演じ、その後会場にお越しいただいた方々を裁判員チームを含めて数グループに分け、乙姫の有罪無罪を話し合ってもらいました。結果、乙姫は無事無罪。

「国語科における法教育」と銘打たれていましたが、司会や進行まで全て生徒の手だけで進められたこの授業に、参加者からは「高校生なのに、しっかりしているなあ」というお褒めのことばや「面白かった」の声を頂き、東京でも好評のうちに終わりました。

今回貴重な学びと経験の場をいただいた龍谷大学社会科学研究所やスタッフの皆様、ご協力いただいた皆様に深く感謝申し上げます。有り難うございました。
【法教育フェスタ】 模擬裁判チーム、東京でプロ弁護士と戦う!(2016.02.15)
2月11日、日本に近代憲法が制定されたこの日、東京・品川インターシティにおいて開催された龍谷大学社会科学研究所主催の「法教育フェスタ」に本校模擬裁判チームがお招きを受け、東京のプロ弁護士チームと模擬裁判の試合を行いました。

本校チームは検察側、プロチームは弁護士側で昨年の模擬裁判選手権の教材を用いて戦いました。
プロに対して一歩も引かぬ白熱した互角の戦いを演じ、会場から大きな賞賛を受けました。
「まるで本当の裁判を見ているようだった」という声も。

会場には2008年に日本一になった時の模擬裁判OBOGも応援に駆けつけ、後輩の健闘を讃えました。


国語の授業で主権者教育(その2)(2016.02.15)
今回は京都市長選挙の3候補者が登壇している公開討論会のムービーを視聴した上で、i-voteのご協力で、web投票を実施します。この日の放課後クラスのweb投票委員とi-voteの皆さんとの間で投票に向けた打ち合わせを行いました。

さて、投票率や票の行方はどうなるのでしょう?

2月17日には、i-voteの学生さんらと「実際の結果、他校の結果、本校の結果」を比較分析する授業を行います。

国語の授業で主権者教育(その1)(2016.02.15)
若者の投票率向上を目指す学生団体i-voteの学生さんと伊東隆一弁護士(京都弁護士会所属)をお招きし、国語の授業で、18歳投票権にちなんだ主権者教育を行いました。

班ごとに京都市の課題を挙げて討議し、その後i-voteの東さん・山下さんから今回の争点の一部を説明いただきました。

伊東弁護士からは憲法の参政権の話題やクイズ形式で公職選挙法を学びました。
伊東氏は京都市の選挙で立会人のご経験もおありの弁護士さんです。

全国高等学校駅伝競走大会開会式で本校生徒が司会を務めました!!(2015.12.25)
平成27年12月19日(土)に男子第66回・女子第27回全国高等学校駅伝競走大会開会式が京都市右京区のハンナリーズアリーナで行われ,本校放送部2年生の小川純黎さんが司会を務め,立派に大役を果たしました。今大会は,京都で高校駅伝が開催され50年目の記念大会で,都道府県代表47校に加え,地区代表11校と開催地枠として京都府から1校ずつの,男女とも59校の過去最大規模の駅伝大会となりました。
小川さんは,堂々とした態度で司会を務めました。大会関係者からは「まるでプロの司会者みたいだ」と絶賛の言葉をいただきました。
最後に,大役を務めた小川さんのコメントです。
「すごく緊張したけれども,すごく貴重な経験だと思いました。当日は選手の皆さんにがんばってもらおうという気持ちで司会させていただきました。前回の経験を活かして少しは成長できたと思います。」

「税に関する高校生の作文」で本校生徒が3名受賞!!(2015.12.15)
国税庁主催の「税に関する高校生の作文」で1年生3名が受賞し,12月15日に伏見税務署で表彰されました。

(京都市租税教育推進連絡協議会長賞)難波花音さん

(伏見税務署長賞)前田将くん

(伏見区租税教育推進協議会長賞)明河美空さん
少林寺拳法競技で本校生が優勝!!(2015.11.07)
11月7日(土)に一燈園中高等学校体育館で実施された「平成27年度 京都府高等学校種目別選手権大会少林寺拳法競技兼第33回近畿高等学校少林寺拳法大会出場資格予選」において,本校2年生の今井君が自由単独演武の部に出場し,優勝しました。

また,12月19・20日に行われる「第33回近畿高等学校少林寺拳法大会」に京都府大表として出場し,3月には 高等学校全国選抜大会にも出場が決まっています。

今後の活躍に期待したいと思います。
 
第32回京都府高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門で本校生徒が優勝!(2015.11.03)
2年4組木村花実結さんが第32回京都府高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた部門(11月1,3日)に出場し,7戦全勝で見事に優勝しました。

第32回京都府高等学校総合文化祭」アナウンス部門で本校生が受賞(2015.10.25)
10月25日、放送部の2年生小川純黎さんが、第32回京都府高等学校総合文化祭 アナウンス小部門で、最優秀賞につぐ京都第2位の金賞を受賞しました。

これにより、来年夏に行われる全国高等学校総合文化祭広島大会の京都代表に選ばれました。

また、今年12月19日に行われる全国高校駅伝開会式の司会をつとめることになりました。
京都府高校ジュニア陸上競技選手権大会で本校生が3位入賞!(2015.10.12)
平成27年10月11日〜12日に西京極陸上競技場で京都府高校ジュニア陸上競技選手権大会が開催され,女子800mにおいて,2年生の加芝有和さんが,2'17"37の大幅な自己新記録で,見事第3位に入賞しました。
この大会は,来年のインターハイ出場を占う重要な大会で,中長距離の強豪校を抑えて,見事な走りを見せてくれました。1日のうちに予選,準決勝,決勝と800mを3本走るという過酷なレースにおいて,加芝さんは決勝で自己記録を2秒近く上回る快走を見せました。
11月8日には国公立大会も開催されます。加芝さんをはじめ,陸上部員の活躍を期待したいと思います。ご声援よろしくお願いいたします。
模擬裁判チームが新聞で紹介されました!(2015.09.08)
8月1日に優勝を飾った模擬裁判チームの活動が8月13日付読売新聞(京都版)に掲載されました。チームの活動は支援弁護士さんを始め,支援検事さん、昨年度の8期メンバー,OBOGら、多くの方々によって支えられています。また多くの講師の方々をお招きし法律以外のいろいろなことも学びます。今年は案件が「幼児虐待」だったので,幼児を持つ親御さんをお招きし、赤ちゃんからも学びました。改めて関わっていただいた方々に心よりお礼を申し上げます。
写真上:山田悦子さん(甲山事件冤罪被害者)のお話を聴く。
写真下:支援弁護士の方々や昨年の8期メンバーらと。

>> 記事はこちら(PDF形式)

「物理チャレンジ2015」で1年男子が受賞!(2015.09.07)
特定非営利活動法人「物理オリンピック日本委員会」が主催する「物理チャレンジ2015」で,1年生の田上くんが提出した「第1チャレンジ」実験課題レポートが高く評価され,第1チャレンジ実験課題「審査員特別賞(楽しんだで賞)」を受賞しました。

レポートのタイトル:摩擦係数の測定による「おむすびころりん」が実現可能であるかどうか検証

レポートの内容:「おむすびころりん」の昔話を題材とした 研究である。 絵本にあるさまざな形のおにぎりを斜面に置いて運動を始める角度や速さを求め,おじいさんがおむすびに追つけない条件があることを見つける。
全国高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた競技の部で2年女子が受賞!(2015.09.01)
7月29日〜31に開催された,第39回全国高等学校総合文化祭小倉百人一首かるた競技の部に2年生の木村花実結さんが京都代表として出場し,奨励賞,及び文化連盟賞を受賞しました。

また,11月に開催される第35回近畿高等学校総合文化祭鳥取大会の小倉百人一首かるたの部への出場権を獲得し,京都府の団長にも選ばれました。
1年生男子ヤリ投で優勝!〜京都高校ユース陸上〜(2015.08.24)
平成27年8月19日〜21日に西京極陸上競技場で行われた京都府高校ユース陸上競技選手権大会で,1年男子ヤリ投で,小谷柊太くんが53m80の自己新記録で見事優勝しました。
当日は小雨が降り,良いコンディションではありませんでしたが,その中でも自分の力を十分発揮し,見事優勝を勝ち取りました。この結果,小谷くんは9月21日〜23日に兵庫県神戸ユニバー記念競技場で開催される近畿高校ユース陸上競技選手権大会に京都府代表として出場することが決まりました。
小谷くんは22日14:00〜出場します。応援よろしくお願いいたします。
また,本大会では,2年女子800mで加芝有和さんが4位入賞,1年女子400mハードルで島 彩夏さんが7位入賞と活躍を見せました。
全国SSH生徒発表会で生徒投票賞&ポスター発表賞W受賞(2015.08.6)
8月5日(水)〜6日(木)にインテックス大阪で開催された「全国SSH生徒研究発表会」で1年生の岡本笙くん,小田島瑛司くん,角田 智哉くん,田上大喜くん,前田将宏くんが発表を行い,日本全国にあるSSH校203校及び海外招へい校26校の合計229校の中から,各校の投票により選出される10校の中に入り,「生徒投票賞」を受賞ました。
また,全国SSH校203校のうち,審査対象校160校の中から,審査員の投票により選出される12校の中に入り,「ポスター発表賞」も受賞しました。

模擬裁判選手権優勝!(2015.08.01)

 さる8月1日大阪地裁にて第9回高校生模擬裁判選手権関西大会(主催:日弁連)が行われ,本校チームは2年ぶり7回目の優勝を果たしました。

検察チームは同志社香里高校弁護チームと,弁護チームは立命館守山高校検察チームと対戦しましたが,両試合ともお互いをよく支えあい磐石の試合運びでした。

なお検察側証人尋問を担当した小杉朱里さんがMVP(最優秀選手賞)に選ばれました。

(写真上)一丸となった8名(大阪地裁にて)

(写真下)優勝杯を手にスピーチ(大阪弁護士会館にて)
「Japan -UK Young Scientist Workshop 2015 in Kyoto」を開催いたします。(2015.07.27)

クリックで拡大
「Japan -UK Young Scientist Workshop 2015」を開催いたします。期間中は京都大学・京都教育大学において,日英の高校生が科学テーマ別に共同研究を行い,最終日の公開発表会にてその成果を主に英語で発表します。公開発表会は一般も自由にご参加いただけます。

○開催日 :8月3日(月) 〜8月7日(金)
       ◆開講式 :8月7日(月) 10:00
       ◆公開発表会 ・閉講式:8月7日(金) 13:00
       @京都大学北部総合教育研究棟 益川ホール
○会場 :京都大学 ・京都教育大学
○主催 :京都教育大学
○主管 :京都教育大学附属高等校
○後援 :科学技術振興機構(JST)/京都大学/京都府教育委員会/京都市教育委員会

※お問い合わせ:京都教育大学附属高等学校 研究部 075−641−9195

課題研究ベーシック1学期探究活動クラス代表発表会が行われました(2015.07.14)
7月14日,SSH独自科目「課題研究ベーシック」で行った探究活動の成果を,1年の各クラスの代表班がプレゼンテーション形式で発表しました。

各クラスの代表班のテーマは以下の通りです。

1組:夏の衣料に適した繊維は
2組:地球から月までの距離を測るには
3組:中の見えない池の魚の数を推定する方法
4組:マッチ棒ロケット
5組:未知の物体の質量を図る方法
本校生徒が高校野球京都大会開会式の司会を務めました(2015.07.11)
7月11日,放送部の2年生小川純黎さんが,第97回全国高等学校野球選手権大会京都大会の開会式(於:わかさスタジアム京都)の司会をつとめました。

また,同日夜には,KBS京都「高校野球京都大会開会式特別番組」にゲストとして出演,見事なアナウンスぶりを発揮しました。
文部科学大臣政務官赤池誠章氏が本校を視察されました(2015.06.24)
6月18日(木)に文部科学大臣政務官赤池誠章氏、文部科学省高等教育局大学振興課教員養成企画室長柳澤好治氏が来校され、授業を視察されました。

化学教室で行われた1年生「トータルサイエンス」の授業において、化学実験での基本操作の実習をご覧いただきました。

案内の榊原校長、市田副校長に本校の実験授業等について質問をされながら生徒の様子を熱心にご覧いただきました。

朝日新聞(京都版)に本校の記事が掲載されました(2015.06.24)
朝日新聞(京都版)5月19日の「まなビバ!!」コーナーに本校が紹介されました。

学校の概要や第4期SSHの独自科目「トータルサイエンス」の授業(アクティブラーニング)の様子,模擬裁判,日英SW,本校卒業生(本校1期生の鷲田清一氏)などが紹介されています。

>> 記事はこちら(PDF形式)

※ 記事の掲載につきましては朝日新聞社より許可をいただきました
タイ国教育大学附属中等学校教職員が本校を訪問されました(2015.06.24)
5月14日(木),スリナカリンウィロート大学教育学部附属中等学校の教職員40名が本校を来校され,本校の授業を見学されました。

スリナカリンウィロート大学教育学部附属中等学校は,科学技術教育向上のためスーパーサイエンス化を目指しているタイの学校で,本校の科学・数学教育に関する研修のため,本校の理科と社会の授業参観と,施設の見学をしていただきました。


クラブ紹介 軽音楽同好会(2015.06.23)
各バンドが年に数回のライブや文化祭に向けて、日々練習に励んでいます。部員は高校から楽器を始めた人がほとんどです。ライブの企画や運営も自分たちで行うので、演奏技術だけでなく、裏方作業も学べます。ライブは毎回とても盛り上がり、本当に楽しいです!!好きな音楽を受け取る側でなく、届ける側になってみませんか?
クラブ紹介 合唱部(2015.06.23)
私たちは、明るく、楽しく、ド根性をモットーに日々活動しています。
普段は合唱曲をはじめ、J-popや洋楽などに取り組んでいます。また、最近ではダンスも取り入れてよりパフォーマンスに磨きをかけています。
毎年コンクール出場や老人ホームへの訪問演奏、学内では昼休みのコンサートや文化祭での発表などを積極的に行っています。そして、年度末には私たちの合唱部の定期演奏会も行っています。
これからもさらに新しいことにチャレンジし、幅広く活動していきたいと思います。
クラブ紹介 女子テニス部(2015.06.23)
私たち女子テニス部は、2・3年生合わせて18人で活動しています。1回でも多く試合に勝てるように、日々練習しています。初心者の部員も多く、経験者の部員や顧問の先生からの助言を頼りに少しずつ上達しています。心身共に成長できる部活を目指して頑張りつつ、夏には合宿、冬にはクリスマス会など楽しいイベントも行っています。
クラブ紹介 男子テニス部(2015.06.23)
僕たちは「考えるテニス」を目指しています。これはただ試合中のことだけではなく、練習についても言えます。テニス部には専任のコーチはいません。そのため自分たちに何が必要か、どこをより強化するべきか、ということを自分たちで考え、練習時間が他校より限られている分、より効率的な練習を作成し取り組んでいます。また学生の本分である勉強も疎かにすることなく文武両道に努めています。
クラブ紹介 華道部(2015.06.05)
華道部は季節に合わせて色んなお花を生けて楽しみます。講師として池坊京都支部の星加貴子先生に教えていただきます。練習は月に1,2回だけ放課後にありますので、兼部しやすく、半数の部員が運動部と兼部しています。
また、全部員が入部前は華道未経験でしたが、回を重ねるごとに上達していきますので、初心者だからといって入部することをためらう必要はありません。気軽に入部してください。
クラブ紹介 ソフトテニス部(2015.06.05)
ソフトテニス部は男女同じ部活ですが、練習は男女分かれてしています。男子は自分達で練習メニューなど考えて皆で教えあい、女子は顧問の先生の指導のもとで、男女共に、上を目指して1つのチームとして一生懸命、平日3日、休日一日と少ない時間ですがしっかり練習しています。
クラブ紹介 サッカー部(2015.06.05)
我々サッカー部は試合で勝つために、先生とコーチのご指導のもと、チーム全員が互いに高め合いながら、自分たちが目指すサッカーに対する共通の意識を持って日々練習に取り組んでいます。また、部員同士の仲がよく、互いに信頼できるような仲間を作ることができます。勉強との両立も可能で、充実した高校生活を送ることができます。
剣道部 インターハイ予選の様子(2015.06.03)
5月30日(土)31日(日)に行われたインターハイ予選が
3年生の最後の試合になりました。

高校から始めた剣道初心者の多いクラブですが,
熱心に普段の練習・夏の合宿に取り組み,
最後の試合も堂々と立派な試合をしました。
1年生 遠足に行ってきました(2015.05.29)

大森リゾートキャンプ場でバーベキューをしました。
新しいクラスで楽しく親睦を深めることができました。
本校サッカー部 京都府高等学校総合体育大会でブロック優勝(2015.05.17)
5月17日,本校サッカー部が京都府高等学校総合体育大会(計14ブロック)のJブロックで優勝しました。
1回戦は京都明徳高校と対戦し、前半0−0,後半に相手に先制されましたが,直後に坂井君が左足一閃で一点を返し,メンバーチェンジした若杉君がバースデーゴール、井上君のCKからの直接ゴールで3−1と逆転勝利し,決勝にコマを進めました。
決勝戦は廣学館高校に勝った桃山高校と対戦し,前半に井上君からのセンタリングを新君が落ち着いてゴールに流し込み,1−0としました。
終了間際には相手のシュートを山本君がファインセーブし,辛くも逃げ切ることが出来ました。
出場した3年生18名とマネージャー2名,応援してくれた下級生全員の力で勝ち取った優勝となりました。
京都府高等学校総合体育大会少林寺拳法競技で2位(2015.05.16)
5月16日(土)に行われた「京都府高等学校総合体育大会少林寺拳法競技」において、本校2年生の今井君が、単独演武の部で見事2位に輝きました。

今井君は7月31日(金)〜8月2日(日)に兵庫県立武道館で行われる「全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技」に、京都の代表として出場することが決まりました。
スポーツデーが行われました(2015.04.24)

4月23日(金)にスポーツデイが開催されました。

開会式の後,オープニングイベント「水風船リレー」が行われました。
「水風船リレー」は学年を超えた1〜5組の組別対抗選として行われ,2人1組になって,水風船の入ったトレイを次のペアへと回し,ゴールに水風船を入れた数を競うというものです。
トレイの中には画鋲が入っているので,画鋲を避けて水風船を回していかないと割れてしまいます。
水風船が割れた場合は,予備の水風船を取りに行き,割れた場所からリレーを再開するというルールになっています。

オープニングイベントの後は,例年通り,サッカー(男子),バレーボール(男女),ドッジボール(女子)の競技に分かれてクラス対抗のリーグ戦が行われました。
SSHオリエンテーションが行われました(2015.04.22)
4月22日(水),1年生対象でSSHオリエンテーションを行いました。

オリエンテーションでは第4期SSHの研究課題『科学技術イノベーション創出「kyo2サイエンスプログラム」による人材育成』の趣旨説明,新しい第4期SSHの主に理科の教育課程についての説明,SSC(スーパー・サイエンス・クラブ)活動の紹介,昨年度のSSC活動「筑波サイエンスワークグループ」に参加した2・3年生による活動内容のプレゼンテーションが行われました。
始業式・入学式が行われました(2015.04.08)

4月8日(水)いよいよ新学期が始まりました。

午前中は新2・3年が登校し,始業式が行われました。
始業式の前の新任式では,今年度着任された榊原典子学校長よりご挨拶の言葉をいただきました。
始業式では,新年度の担任紹介などが行われました。

午後より京都教育大学の大学講堂にて入学式が行われました。
入学式では京都教育大学学長の位藤紀美子様,
京都教育大学事務局長の日向野隆司様,
京都教育大学附属高等学校副学長兼附属学校部長の坂東忠司様,
京都教育大学研究協力・附属学校支援課附属学校支援担当課長の小崎正行様,
京都教育大学附属高等学校育友会から代表して北原康孝様を来賓としてご臨席賜りました。
「第8回春の高校放送フェスティバル in Kyoto」アナウンス部門第2位(2015.04.08)
平成27年3月22日(日)大谷大学で開催された「第8回春の高校放送フェスティバル in Kyoto」において放送部の小川さん(2年)がアナウンス部門で第2位という成績をおさめました。
この結果、平成27年7月に実施される第97回全国高等学校野球選手権大会京都大会の開会式(於:わかさスタジアム京都)の司会を担当することに決定。
また、平成27年11月22日(日)に米子市で開催される第36回近畿高等学校総合文化祭鳥取大会放送部門のアナウンス小部門に出場することになりました。
第1回 近代3種大会 in 印西 高校の部 男子 優勝(2015.04.08)
平成27年3月22日(日),順天堂大学のさくらキャンパス(千葉県印西市)で開催された「第1回 近代3種大会 in 印西」に2年生の石原くん(2年)が出場し,高校男子の部で優勝を果たしました。
近代3種とは水泳とコンバインド(ランニングと射撃を交互に行う)の3種目を競うもので,この近代3種で良い成績をおさめた選手が,その後、近代5種(馬術、水泳、フェンシング、コンバインド)に移り、オリンピックへ出場しています。
今後の活躍に期待したいと思います。  
文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクールに指定されました(2015.03.31)
平成27年3月31日,文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けました。
文部科学省では、将来の国際的な科学技術人材を育成することを目指し,理数系教育に重点を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業を平成14年度から実施しており,本校は第1期(平成14〜16年度),第2期(平成17〜21年度),第3期(平成22〜26年度)に続き,第4期(平成27〜31年度)は『
科学技術イノベーション創出「kyo2サイエンスプログラム」による人材育成』という研究課題を掲げて研究実践を展開していきます。

>>本校SSHのページへ

SSC地理クラブ 日本地理学会・高校生ポスターセッション参加(2015.03.28)
3月28日から東京・日本大学で開催される日本地理学会2015年春季学術大会・高校生ポスターセッションに,本校スーパーサイエンスクラブ(SSC)地理クラブの生徒4名(3件)が,事前審査を通過し参加しました。
参加した生徒とその発表タイトルは以下のとおりです。

児玉那奈美さん(1年)「自然の楽園」ハワイの土と砂

萩本将都くん(2年)内陸県埼玉から海の痕跡を探す!

西村貫太くん(2年),石井弘祐くん(2年)おせち料理・お雑煮から日本を覗いてみよう!
ノルウェー留学中の生徒,現地数学オリンピックで快挙(2015.03.23)
平成26年9月から,ノルウェー・トロンヘイムに留学している本校2年生八鳥孝志くんより,うれしい報告が届きました。
昨年11月に実施された現地の数学オリンピックに出場し,ノルウェー全土より3396人が参加した第1ラウンドを通過しました。その後,通過した328人で今年1月に第2ラウンドが行われ,八鳥くんは見事19位となり,八鳥くんを含む上位29名がファイナリストとして最終選考にコマを進めました。
最終選考は,3月14日〜18日にノルウェー中部の古都トロンヘイムにあるノルウェー科学技術大学(通称NTNU)において,数日間のトレーニングと選考試験が開催されました。NTNUは2014年ノーベル医学生理学賞受賞者も輩出したノルウェー屈指の理数系大学です。
留学生である八鳥くんは,残念ながら国際数学オリンピックのノルウェー代表には選出されませんが,優秀な成績を収めたため,この最終選考に招待される栄誉を得ることができました。
八鳥くんは最終選考における数日間のトレーニングにおいて,ノルウェーの数学少年少女たちと交友を深めるとともに,NTNUで専門家からトレーニングや講義を受けることができ,たいへん貴重な経験をしたようです。
結果発表の際には,ノルウェーの教育大臣も臨席され,八鳥くんは見事11位という結果を残すことができました。(結果一覧はコチラ

※留学先トロンヘイム高校のfacebookはコチラ
下にスクロールすると,3月4日の記事で八鳥くんの快挙を紹介しています。
緊急講演&シンポジウム開催!(2015.03.18)
日本人が中東で被害に遭うなど、今までにない国際情勢の中に日本は置かれています。この緊迫化した世界の中で、私たちは何を学び、何をどう行動していけばよいのでしょうか。

3月18日本校多目的ホールにおいて、シリアやイラクで取材するジャーナリスト・玉本英子氏(アジアプレス)、国際機構や軍縮の研究者である広瀬訓氏(長崎大学核兵器廃絶研究センター教授)をお招きし、今中東地域は実際にどんな様子なのか、イスラム国とは何なのか、その地域に暮らす人びとの現状、思いなどをご講演いただき、シンポジウムでは本学の平和教育学の研究者である村上登司文教授を交えて、本校生徒や会場にお越しの皆さんと一緒に、どうやって平和を構築していくのか考えていく企画を実施しました。

当日は生徒からの質問も相次ぎ、時間を延長した熱い議論が交わされました。
なお今企画は京都教育大学グローバル人材育成プログラム事業の一環として実施されました。

写真のパネリスト3名は左から村上氏、広瀬氏、玉本氏です。
国語科&家庭科で原子力発電をめぐる授業を実施(その2)(2015.03.10)
誰もが当事者として関わってくるエネルギー問題について、自身の価値観に基づいて選択を判断できる(科学的)リテラシーを身につけることを意図して、外部から講師をお招きし、国語科と家庭科の協同授業(2年生)が実施されました。

2月20日は原子力研究者の立場から、株式会社原子力安全システム研究所社会システム研究所主席研究員であり、福島でのボランティア活動の経験もされている橋場隆氏をお招きし、専門家の視点から福島の現状を解説していただき、科学的視座から原子力を考える機会としました。

事前に生徒が原子力エネルギーに対して持つ疑問点をお知らせしてあったので、橋場氏の授業はその疑問点に答えながら、専門用語も使われながら丁寧に解説する形で行われ、エネルギー問題への理解を深める時間になりました。
筑波サイエンスワークショップの様子(2015.03.04)
高エネルギー加速器研究機構のHPに筑波サイエンスワークショップ
(2014年12月24日〜26日実施)の様子が掲載されました。

高エネルギー加速器研究機構のHPはこちら
その中での筑波SWの様子はこちら

国語で判決文授業実施(2015.02.26)
2月26日5時間目現代文授業(2年生)に石塚伸一龍谷大学法科大学院教授をお招きして、判決文を使った授業を実施しました。

一見とっつきにくい法律用語満載の判決文も石塚先生のわかりやすい解説に生徒は皆納得、授業に惹きこまれていました。

なお当日の授業の模様は京都新聞で報道されました。
国語科&家庭科で原子力発電をめぐる授業を実施(その1)(2015.02.20)
誰もが当事者として関わってくるエネルギー問題について、自身の価値観に基づいて選択を判断できる(科学的)リテラシーを身につけることを意図して、外部から講師をお招きし、国語科と家庭科の協同授業(2年生)が実施されました。

2月6日は被災地の高等学校において放送局顧問として生徒の声を、演劇脚本や放送作品という手段を通じて表現することを側面から援助されている渡部義弘氏(相馬高校国語科教諭)をお招きし、被災地の高校生が何を考え、何を全国の人々に訴えたいのか「みなみ風吹く日」「今、伝えたいこと(仮)」「相馬高校から未来へ」の3作品や氏のお話を通じて考え、現地の人々の視線からエネルギー政策の1つである原子力の問題を考える機会としました。

震災後の活動が認められ日本ジャーナリスト会議特別賞を高校生として初受賞したり、全国大会で優勝するなど活躍する相馬高校放送局の作品に、生徒達は心を揺さぶられ、深く考えを巡らせました(肩書きは2月6日時点です)。
第14回日本情報オリンピック予選・本選(2014.2.8)

昨年12/14(日)に実施された第14回日本情報オリンピック予選大会で,2年生の樋口くんが優勝賞(Aランク),1年生の宮川くんと2年生の平田くんは2名が敢闘賞(Bランク)という結果を残しました。

なおAランクの成績をおさめた樋口君は2/8(日)東京で実施された本選大会に出場しました。

8つの国際科学オリンピックのうちの1つが国際情報オリンピックで,日本情報オリンピックはその国内予選に位置づけられるものです。情報オリンピックでは与えられた問題を解くためにアルゴリズムを考え、それに基づいてプログラムを書き、実際にコンピュータ上で実行させて出力した結果の正しさを競います。

本校では「C言語講座〜情報オリンピックに挑戦〜」というSSC(スーパー・サイエンス・クラブ)のアクティビティーの中でプログラミングのトレーニングを行っています。

→ 日本情報オリンピックのHPへ
クラブ紹介 華道部(2015.01.26)
活動日:部員の都合に合わせます(月2〜3回)
部活紹介:
華道部では、池坊から先生に来ていただいてお稽古をしています。高校に入ったときはほとんどが華道未経験者ですが、楽しくお稽古をしています。
自分の作品に思いをこめてお花を生けるので、日常では味わうことのない華道ならではの時間を過ごすことができます。他の人の作品を見てテーマや込めた思いを聞いたりするのも楽しいです。年に一度ある「花道甲子園」に出場することもふまえて、日々お稽古しています。
学校で気軽に部活として華道ができるのはとても貴重な体験になっています。
クラブ紹介 軽音楽同好会(2015.01.26)
活動日:月、水、金
活動場所:音楽室

私たちは年数回のライブを目標に日々練習しています。一緒に楽しいライブを作りませんか?
クラブ紹介 サッカー部(2015.01.26)
人数:
 二年生18人,一年生16人,マネージャー4人
活動日:週5
最近の成績:インターハイベスト8、
 選手権ベスト16、京都U−18 2部リーグ昇格
キャプテンから一言:
 サッカー部は、練習時間は他の学校より少ないですが、チームワークと頭脳を武器にして、チーム目標のベスト4を目指して日々頑張っています。学年のへだたりもなく、選手もマネージャーもとても仲がいい部活です!
沖縄・コザ高校との交流会(2015.01.13)
12月20日、関西への進路研修で京都教育大学を訪れた沖縄のコザ高校15名と本校1・2年生有志による交流会が本校及び京都教育大学で行われました。

 まず本校のHR教室で自己紹介やゲームで盛り上がった後は本校生徒が付近の名所(陸軍の戦争遺跡・墨染寺・欣浄寺<伏見大仏・深草少将屋敷跡>)を案内しながら大学に移動しました。
 大学では本学教育学科の村上登司文先生による平和教育にまつわる授業を一緒に受けて意見の交流を行い、終わってからはお互いの高校生活だけでなく、沖縄や京都の文化、平和や戦争、国内・国際問題まで幅広く議論を交わし、大変盛り上がった「ゆんたく」となりました。

 半日の交流でしたが、学びあうことが多くありお互いにとって実りある交流となりました。
学びを学ぶ 〜社会の先輩と考える受験・入試・教育(2015.01.13)
3年生現代文において「学ぶ」ということをテーマに、中央教育審議会による入試改革答申案にも目を通した上で、「教育」について考える授業を実施しました。

 12月4日は、京都教育大学が新聞教育推進協定を結んでいる京都新聞社より記者を招き、担当教員が記者にインタビューする一方で、記者から高校生へも質問しながら授業を展開し、「学ぶこと」について考えを深めました。その時の京都新聞の記事はこちら
JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2014「国際協力特別賞」受賞(2015.01.09)
「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2014」の審査結果が発表され、難波ほのかさん(1年生)が、『国際協力特別賞』に選ばれました。

「日本国内、海外から応募のあった28、793作品の中から上位15名の中に入りました。これは、「現代社会」の夏休み課題として取り組んだものです。
平成26年度「高校生の税に関する作文」受賞(2014.12.16)
12月16日,伏見税務署にて「平成26年度高校生の税に関する作文」の表彰式が行われました。本校では高校1年生3名が受賞しました。

伏見税務署長賞:小池さん

近畿税理士会伏見支部長賞:辻くん

伏見租税教育推進協議会会長賞:鈴木さん

クラブ紹介 女子バスケットボール部(2014.11.28)
【人数】2年生4人 1年生6人 マネージャー2人
【活動日】火曜日.水曜日.金曜日.(朝練は毎日やっています!)
【部長からひとこと】
ひとつでも多く試合で勝てるように、モチベーション高く練習しています!
日曜日にはOGの方が来て下さり、少ない人数でも実践的な練習を行っています。
月に一度、パーティーをしています? 
学年のへだたりもなく、全員が仲間として、時にライバルとしてお互い高め合っているいい部活です!!
クラブ紹介 美術部(2014.11.28)
活動日:不定期

活動場所:美術室

部長からの一言:

美術部はとにかく自由な部です。先生に頼めば、何でもさせてくれます。

たとえば、ステンドグラスを作ったり、トーテムポールを作った人もいました。ここが、附属ならではの部分です。それでいて、仲良く、気さくです。


林実希さんが「国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」中央大会に出場しました(2014.11.04)
林実希さん(2年生)がこのたび、日本国際連合協会主催の「第61回国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」京都予選において、みごと代表の座(66人中1位)を射止め、10月20日(月)東京の国連大学エリザベス・ローズ国際会議場で開催された中央大会に、京都府代表で出場しました。

スピーチの題は「もしも私が国連事務総長なら、国連で何をすべきか〜司法の橋を架けて〜」でした。
クラブ紹介 バドミントン部(2014.10.01)
活動日:週3日(月、木、土日どちらか)

活動場所:体育館

活動内容:バドミントンの基礎から練習しています。
経験者の人たちは発展的な練習もしています。
クラブ紹介 水泳部(2014.09.16)
活動日:不定期
活動場所:大学のプール(夏)グラウンド(冬)

部長からの一言:僕たち水泳部は楽しいということを一番としています。
個人競技ではありますが、仲良くやれるようにしてます
ベストタイムを出せるように日々取り組んでいます。
水泳部の徳永凱君が全国インターハイ(競泳)に出場しました(2014.09.08)
8月17日(日)〜20日(水)にかけて千葉県習志野市で開催された、平成26年度全国高等学校総合体育大会水泳競技大会兼第82回日本高等学校選手権水泳競技大会において、本校水泳部の徳永凱君(2年)が男子50m自由形に出場しました。

徳永君は7月22日(火)〜24日(木)にかけて開催された近畿高等学校選手権水泳競技大会において24秒52を記録し、男子50m自由形の全国標準タイムをクリアしたことにより、全国大会への出場を決めていました。

今回の大会では予選突破はなりませんでしたが、今年の経験を糧にして来年さらにがんばりたいと、決意を新たにしていました。

模擬裁判 準優勝(2014.08.28)
去る8月2日大阪地裁で第8回高校生模擬裁判選手権(日本弁護士連合会主催)が開催されました。

午前は本校弁護チーム対西宮東高校検察チーム、午後は本校検察チーム対京都府立嵯峨野高校弁護チームと対戦し、本校はそれぞれ圧勝、完勝しましたが、僅差で準優勝に終わりました。

14名中13名が1年生というフレッシュな陣容でしたが、力を十二分に発揮したみごとな戦いぶりでした。

また審査員特別賞(MVP)に齋藤夏樹君(検察側・1年生)が選ばれました。

※写真上が検察チーム、写真下が弁護チームです。

SSC研究室訪問〜京都大学桂キャンパス大塚研究室〜(2014.07.28)
平成26年7月25日(金)午後,SSC活動として,研究室訪問〜京都大学桂キャンパス大塚研究室〜に本校3年生10名が参加しました。

 大塚研究室は,京都大学大学院工学研究科において材料解析化学を専攻とする研究室で,特に大塚浩二教授は,本校第9期の卒業生です。

 今回の内容は,はじめに大塚教授よりご自身の研究内容や研究室の紹介があり,その後今回の実験内容について簡単な講義をしていただきました。

その後,2班に分かれて,高速液体クロマトグラフィーによる飲料中のカフェインの検出と定量,キャピラリー電気泳動の基礎と応用の実験を交代で行いました。

たいへん難しい内容でしたが,補助についていただいた大学院生の詳しく丁寧な説明と指導により,慣れない手つきながらも一生懸命に実験に取り組みました。

また,本校生が実験に取り組んでいる傍らで,大塚研究室の研究生たちが自らの研究に取り組む姿も見ることができ,参加した高校生にとって,大学での生の研究を垣間見ることができ,自らの将来の姿を少し想像することができたようです。

 これから夏休み,3年生にとっては受験に向けた重要な時期ですが,憧れの京都大学での体験が,より一層モチベーションを高めてくれたようです。
日英SW 2014 報告(2014.07.22)
2014年7月16日から27日まで、英国にて日英SWを行っています。
その様子などは、日英SW掲示板のページで確認できます。

クラブ紹介 女子硬式テニス部(2014.07.22)
<活動曜日>
週4日、公式戦あり

<活動内容>
公式戦にむけて、基礎からの練習をしています。

<部長からの一言>
ほかの学校に比べると、活動時間が短いですが、合宿やクリスマスパーティーなどもあり、毎日楽しく活動しています!初心者の方も大歓迎です!
クラブ紹介 放送部(2014.07.17)
活動日:月〜金の昼休み、木・金の放課後

活動場所:放送室・地理教室

活動内容:放送の大会(朗読・アナウンス・映像部門)への参加、お昼休みの放送、学校行事に使う

機材の設営
「こんにちは、放送部です。放送部では、様々な活動を行っています。それぞれの部員が責任を持って自由に楽しんでいます。京教に入学したら、一度、放送室を覗いてみてくださいね!」
クラブ紹介 剣道部(2014.07.01)
活動日:月・水・金・土

活動場所:格技室

活動内容:礼儀作法、精神鍛錬、技術向上に向けての稽古

「私たち剣道部は、高校から始めた人がほとんどですが、大会で良い結果を残せるよう日々活動しています。学年問わず仲が良く、とても雰囲気の良い部活です」
3年生の上田悠加さん「第10回堺国際ピアノコンクール」で入賞(2014.06.11)
6月7日〜8日に「第10回堺国際ピアノコンクール(主催:堺ピアノ協会,後援:大阪府国際交流財団/堺市/堺市教育委員会/堺市文化振興財団)」が行われ,3年生の上田悠加さんがジュニア部門E級で奨励賞を受賞しました。
将棋部 大活躍(2014.06.02)
平成26年5月18日に,第50回全国高校将棋京都府選手権大会兼第43回京都少年王将戦が京都新聞文化ホールで開催され,本校将棋部の本川卓佐くん(1年)が優勝,小林巧実くん(3年)が準優勝に輝きました。

また,団体戦においても,平田真也くん(2年)を加えた3名で戦い,第3位に入賞しました。本川くんは1年生ながら,元京都中学王将の実力をいかんなく発揮し,同じ部の先輩である小林くんとの決勝戦を見事に制し,優勝を果たしました。

この結果,本川くんと小林くんは,8月に行われる全国大会への出場が決定しました。全国大会での活躍も期待したいと思います。
1年生対象 SSHオリエンテーション(2014.05.01)
4月30日(水),1年生を対象に「SSHオリエンテーション」が行われました。本校のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の取組について研究部長が説明した後,今年度計画しているSSC(スーパーサイエンスクラブ)についての紹介を行いました。

また、昨年度のSSCに参加した上級生が「数学クラブ」や「ハワイ島研修」について発表し,SSCの魅力を1年生にアピールしていました。

SSCとは様々な企画に生徒が自主的に参加するクラブです。

放課後や休日等を利用して,大学や研究機関での研修、あるいは課題研究などの活動を行います。

今年度は33のSSCが計画され、自分の興味に合わせていくつでも参加することができます。

特に今年は,昨年度SSCに参加した上級生の有志たちが,自主的にSSCの魅力を伝えるパンフレットを作成し,1年生に配布することができました。1年生たちは,配布された資料を見ながら,熱心にメモをとるなど,さまざまな活動について興味を持ったようです。
スポーツデー(2014.04.30)
4月25日(金),スポーツをするには最高の晴天のもと,生徒会主催のスポーツデーが行われました。

 昨年度までは秋に実施されていたスポーツデーですが,今年度から4月開催となり,新入学やクラス替えなど,新しいメンバーが親睦を深める絶好の機会となりました。

 体育館、テニスコートではバレーボール(男子・女子),グラウンドではドッジボール(女子),サッカー(男子)が行われ,熱い戦いが繰り広げられました。

 写真はバレーボール(男子)とドッジボール(女子)の様子です。
新入生歓迎会(2014.04.17)
4月10日(木)と16日(水)の午後に新入生歓迎会が行われました。

附属高校では、新入生歓迎会の企画立案から運営まですべて生徒会執行部が中心となって行います。

10日は新入生対象のクラブ紹介が行われ、2、3年生がパフォーマンスを交えながら、各部で工夫を凝らした紹介をしました(附属高校には23のクラブ・同好会があります)。

16日は学年縦割りで交流行事が行われました。今年は「台風の目」と「大縄跳び」の2種目で、クラス、学年を越えた交流が図られました。
特設ページ「SSHの取り組み」を公開
SSH校としての取り組みを紹介する特設ページ「SSHの取り組み」を公開いたします。
各教科のSSHの取り組みや,各分野のSSC活動の記録などが掲載されています。
ページはブログ形式になっていますので,教科・分野別に記事を見ることもできるようになっています。
>>特設ページ「SSHの取り組み」へ
学校のご紹介
挨拶・教育方針
校内組織
在籍生徒数
教育課程
進路状況

年間行事
SSH・SSC
高大連携
課外活動
校歌(着メロ)
制服
SSHへの取り組み
研究開発実施計画
スーパーサイエンスクラブ
理科の取り組み
数学科の取り組み

他の教科の取り組み
2002-04年の取り組み
成果・研究開発報告書
研究への取り組み
教育実践研究集会
研究紀要データベース


教科のページ
国語
地理歴史
公民

数学
理科
保健体育
芸術(準備中)
英語(準備中)
家庭(準備中)
情報
入試情報
入試要項
学校説明会
入試結果・速報
オープンスクール
生徒のページ
学校紹介ビデオ(放送部)
電子工学部
 

 
その他
広報・お知らせ
在校生・保護者の方へ
卒業生の方へ
交通のご案内
いじめ防止基本方針
教科書採択理由
自己評価実施結果報告書
リンク
 
京都教育大学附属高等学校
〒612-8431 京都市伏見区深草越後屋敷町111
Tel.075-641-9195 Fax.075-641-3871
ホームページに関するご意見・ご要望・お問い合わせ
kfkou1@kyokyo-u.ac.jp

このサイトについて